骨壺の失敗

そういえば亡父の49日をやって納骨した際に感じたことです。

最近は家族葬で安価な葬儀が増えてきていますが、そんな中でも、まあ本人もあんまりこじんまりしたものでは寂しいだろうと思いまして、小さいながらもそこそこの葬式を行ったのです、

名前が入ってるか?

で、49日の際に納骨を行ったのですが、骨壺に名前が書いてなかったことから、急遽その場で骨壺のフタの裏側に名前をマジックで書くことになってしまいました。

葬式の時は、式場の広さとかメシのグレードとか、花輪とか見える部分は気にしてたのですが、「棺はどうせ焼いちゃうから安いやつでいいでしょ」と気を抜いたのが敗因でした。(^^;)

棺と骨壺がセットになっていて、棺が安いだけじゃなくて骨壺にも名前が入ってない至ってシンプルなものだったのです。

普段、墓参りしていても納骨堂で骨壺を眺めることなんかしないので、親族の骨壺に全部名前が書いてあるのに亡父の骨壺だけ名前が書いてないというちょっと寂しい状態になってしまっています。(^^;)

初盆の時にでも

取敢えずはシンプルな骨壺で良いとしても、マジックでフタの裏側に名前が書かれているだけではあまりに不憫ということで対応策として文字ステッカーをカッティングシート屋さんで作ってもらって、初盆の時に貼っておこうと思います。

もう少し私自身がしっかりしていれば、49日までの間に手配をしておけば済んだ話だったのですが、まったく盲点でした。(-_-;)

ただ、今回は「失敗したなあ」と思ったのですが、骨壺に名入れのされている棺とのセットは10万円くらい高かったので、今度、喪主を務めないといけないときはしっかりとステッカーを用意しておこうと固く誓ったところでした。

一応、念のためいろんなサイトを見て回ったのですが、名前だけじゃなくて亡くなった日とか、戒名を入れるようなものもあるので、それはそれで検討したうえで後悔しないように作成しようと思ったところでした。

暇つぶしになったら幸いです。

いつも応援ありがとうございます。 すごく励みになっています。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村