駐車券がすぐ無くなる件

以前、近所のスーパーに行った際に、すぐ前を歩いていたお兄さんが駐車券を落としてしまったので拾って渡してあげたらすごく感謝されたことがありました。

私も、かつて免許を持っていた時代に、有料駐車場に車を停めて帰ってきたら駐車券が無くなっていて超パニックということがありましたので、事の重大さについては良く分かっているつもりでした。

結果としては無事に出ることが出来たのですが、すべての場所でそうとは言い難いので駐車券は無くさないようにしたいと思ったところでした。

マジで無い

本日は私の妻が余っている有休を使いまして、スーパーにカーテンを買いに行きました。

5年ほど前に買ったニトリのカーテンなのですが、紫外線劣化のせいと思われる、カーテンの一部がぽろぽろと落ちる怪奇現象が発生しまして閉口しておりました。

買い物自体は在庫のある商品でしたし、ちょっと夕飯用の食材なども併せて購入しまして、滞在時間は30分ほどだったでした。

で、車に帰ってみると妻が真顔で「駐車券がない!!!マジで無い!!」ととても低い声で呟いたのです。(-_-;)

お金って怖いよね

先日から申し上げておりますように、現在も私の睡眠状態は大きく改善はしておらず、少し頭のおかしい状態は続いているのですが、その話を聞いたときには「駐車券紛失の場合は○○円徴収いたします」の文言がすぐに表れてきました。

お金の話になると急にちゃんと反応するというのは、「どれだけお金という道具が体に沁み込んでいるんだろうか?」と感じ入ってしまうほどでしたが、その時はそんな余裕はありません。(-_-;)

暫くポケットや財布を探したりしましたが見当たらず、ポーチとかも見たけど見つからず。車を降りる際に、落としてしまって車の下にあるのではないかと覗き込んでみても無い。

通った売り場を歩きなおす?とか色々と考えましたが、地方のスーパーと言えどそこまで落ちたものがそのままというのも考えにくい。

タダで出られました

10分ほどグズグズしてみましたが、手掛かりは見つからず。

半ば諦めつつ妻には引き続き社内の捜索をしてもらいながら、私はお店のサービスカウンターに相談しに行ったところ、カウンターのお姉さんから「大丈夫ですよ。遠隔でゲートを開けてもらえるので出庫のところのインターホンで連絡してみてください。」との事でした。

出庫ゲートのインターホンがつながるまでに1分ほど待っている間、ほかの車の人が後ろに並ばないようにハザードをつけて停めていましたが、通過する人たちの視線がとても痛かったです。(-_-;)

結果、駐車場の管理会社のお姉さんから「次からは無くさないでくださいね」とソフトに叱られた後、車の色を聞かれて30秒もせずにゲートが開いたときの喜びはまさに∞。

頭の中は「5000円くらいとられるんだろうなあ」で一杯でしたから。

昔、営業車に付けていたカードホルダーがこんなやつでした。

大体200円~300円くらいで買える奴ですので、そういう無駄なドキドキ感を味わいたくない人は買っておいたほうが良いかもしれないです。

私も先ほどポチっておいたところです。

こういう地味なストレスでただでさえおかしい頭が更におかしくなったら目も当てられません。(^^;)

見つかった場所

で、家に帰って荷物を降ろしていたら、妻が「あった!!」と歓喜の声を上げました。

どこにあったかというと、ドアポケットの中でした。

囲ったところのポケットに磁気面が表に入っていて、超ガッカリ。

駐車券って裏側が黒いので、立駐の暗いところではその裏面の黒さがドアポケットの樹脂の黒さと区別がつかなかった模様です。(-_-;)

今回は運よくタダで出られるところだったので良かったのですが、ダメなところはダメですし結構な金額を取られることが多いので、転ばぬ先の杖として駐車券は肌身離さず持ち歩くというルーティンを確立するか、カードホルダーを備えたほうが良いですよというお話でした。

暇つぶしになったら幸いです。

いつも応援ありがとうございます。 すごく励みになっています。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村