歯根治療は無理っぽい

 先日より歯茎が腫れて痛くて痛くて涙目になっていた事案ですが、めでたく休み明けの月曜日に予約を取っていた病院に見せに行ったところ、先生が指でプチっと押してつぶしちゃって終了でした。(-_-;)

 圧力が掛からなければ歯茎も痛くなくなるわけで・・
その後は痛みもなく快調。

「それでいいなら、我慢してた時間はいったい何だったんだろう」と週末の二日間の痛みを思い出しながら感慨にふけっておりました。

膿がたまるという事は・・

「膿がたまるという事は、炎症が奥で起きているからです」単純明快な説明とともに、「ですので、膿を除去して終わりというわけではなく、きちんと歯根治療を行いましょう」と説明してくださいました。

で、そんなこんなでレントゲンを撮って今後の段取りを話す段になって「歯根の一部にヒビみたいなのが見えますね」とのこと。

 先生はそのまま話を進めようとするのですが、もし弄りまわして結局ダメなら抜歯という流れが視野に入ってくるという事だったので、歯根治療は丁重にお断りしまして歯茎を切開して膿の溜まったところの掃除だけにしてもらうことにしました。

 「再発する可能性が高いですよ」と再三言われたのですが、やはり抜歯はできることなら避けたいという思いで問題を先送りすることにした次第です。

先生はとても良い人なんだけど

 かかりつけのその歯医者さんの先生はとても良い人なんですが、いかんせん削りたいとか抜きたいとか、昔のヤブ医者にありがちな行為に進みがちなところがあるんです。

 ですので、よく話を聞いたうえでオプションをしっかりと確認しないと気が付いたら全部「入歯になってた」という事態にもなりかねません。経験値を上げるためにはそういう犠牲も必要なんでしょうけど、それは私ではなく誰かほかの人にお願いしたいというのが正直なところです。

 かかりつけの精神科の先生もそうですけど、聞いたら教えてくれるんだけど、聞かなかったら何だかどんどん違う方向に連れていかれてしまいそうで危ないなあと感じてしまうという話でした。

 ちなみに歯茎の切開は腫れが引いてからじゃないとダメという理由で再来週までお預けとなっていますが、このエントリーを書いている時点で膿が出尽くした感じで全く痛くもかゆくもなくなってしまいました。

 奥歯も原因不明でたまーに痛くなることがあるので、抗生物質をスペアで持っておいたほうが良さそうです。今回の泣きそうなくらいの痛みで少し知恵がついたところでした。

暇つぶしになったら幸いです。

いつも応援ありがとうございます。 すごく励みになっています。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

自宅の電気をJCOMでんきから楽天でんきに変えてみましたが、ざっくり計算で1割近く下がっています。 楽天モバイルなどを使っているなら選択肢としておすすめ。