夜は寝とけ!

夜の訪問者が増えています

「会社に行かないといけない」とか「学校に行かないといけない」とか、そういう社会的なシステム内から外れてしまうと昼夜が逆転してしまいがちなようです。

最近、久しぶりにサーバーのアクセスログを確認してみたところ、結構なボリュームでのアクセスが深夜帯に起きていることを発見しました。

来訪していただけるのはありがたいところですが、やはり一時期深刻な時期を過ごした者からアドバイスできるとしたら
「夜は寝といたほうがいいよ」

・・という一言に尽きます。

 

私自身も、急性期の時の体験として、眠れないときはついついスマホをいじったりしちゃうんですが、それをすることによって脳が興奮して眠れなくなることが多々ありました。

・・結果、超悪循環。

夜中にスマホの光を浴びたマウスはうつ病のような症状を見せることが判明

「PCやスマートフォンのディスプレイから発せられるを夜間に浴びると悪影響が出る」という可能性が近年されています。 中国科学技術大学の研究チームが、夜にマウスに光を浴びせるとうつ病のような症状を見せるようになることを確認し、そのメカニズムを解明したと報告しています。 A circadian rhythm-gated subcortical pathway for nighttime-light-induced depressive-like behaviors in mice | Nature Neuroscience https://www.nature.com/articles/s41593-020-0640-8 Staring at a phone screen before bed can cause depression | Daily Mail Online https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-8377011/Staring-phone-screen-bed-make-depressed.html Staring at your phone at night could be linked to depression, study finds | The Independent https://www.independent.co.uk/life-style/gadgets-and-tech/news/phone-night-depression-mental-health-light-a9538801.html 光は動物にとってさまざまな生理機能を調節するための要素であり、特には光によって形成されるといわれています。そのため、寝る前にベッドの中でスマートフォンを眺めるなど、夜間に強い光を浴びてしまうと概日リズムに乱れが生じ、メンタルヘルスに悪影響を及ぼすと指摘されています。 そこで、中国科学技術大学の研究チームはマウスに対して、スマートフォンから発せられるものと同じようなブルーライトを夜間に1日2時間照射する実験を行いました。すると実験開始から3週間が経過した段階で、マウスにうつ傾向を示す行動が見られたとのこと。 研究チームは、マウスの 網膜にある「」と呼ばれる光受容器から、と呼ばれる脳領域を経て、 前脳にあるという脳領域につながる神経経路を特定しました。外部手綱核はを、側坐核はγ-アミノ酪酸(GABA)を神経伝達物質として産生する脳領域で、うつ病発症に深く関わっているとされています。 研究チームが特定した神経経路は概日リズムによって活性の強さが変化し、日中よりも夜間に浴びた光に強く反応することがわかりました。そこで、マウスの神経経路の伝達を阻害した上で、同じようにブルーライトを照射する実験を行ったところ、マウスにうつ傾向を示す行動が見られなくなったとのこと。このことから、「夜間の光に強く反応する神経経路がマウスのうつ傾向を生むメカニズムになっていた」と研究チームは主張しています。 また、今回の研究結果から研究チームは、「昼間に光を浴びることは抗うつ作用があると知られていますが、夜に過度の光にさらされると、うつ症状が出る可能性がある」と述べ、「マウスが光から受ける影響は昼と夜で大きく異なる」と論じています。さらに研究チームは、今回のメカニズムが、仕事で夜遅くまで明るいところで働き続けるとメンタルヘルスに悪影響が出る原因である可能性を示唆しました。 ただし、研究チームは「今回の実験結果はあくまでもマウスの実験で示されたものであり、人間にそのまま当てはめるには注意が必要」と述べ、「マウスに見られたものと同じ神経経路とメカニズムが人間にも存在するかどうか」を将来の研究課題としています。 ・関連記事 科学的に裏付けされた「生産性を爆上げするスマホとの付き合い方」の3つのポイント – GIGAZINE スマホの「夜間モード」は逆効果で眠りを妨げてしまうかもしれない – GIGAZINE 「ブルーライト」は目で見なくても老化が加速し脳が損傷するかもしれない – GIGAZINE ムービーを見ながら眠ると睡眠障害になる可能性がある – GIGAZINE 「ブルーライトカットメガネは必要なく、デバイスのナイトモードで十分」という主張 – GIGAZINE ブルーライトが網膜を傷つけ失明を引き起こすメカニズムが明らかに – GIGAZINE 睡眠をもたらす「メラトニン」についてあまり知られていないことまとめ – GIGAZINE in サイエンス, 生き物, Posted by log1i_yk You can read the machine translated English article here .

 

睡眠薬が効かないときは

前にも書いたんですが、プロテインが私はいい感じに効いているみたいです。(※ 個人の感想です)

不眠に良いみたいなんだよね

プロテインについては、アマゾンとかで売ってるプロテインで試してみるのもありっちゃありなんだけど、比較的安いといわれるものと比較しても日本国内で販売されているものはちょっとお高いです。

マイプロテインというサプリ屋さんなら、大体いつも3割引きくらいなので5㎏で8000円ちょっとくらいですが、3か月に1度くらい7割引きになるのでこの時に買うと無茶苦茶安く買えます。

Myprotein Japan

マイプロテイン友達紹介制度を利用してもっと安く買おう。 こちらは友達紹介コードを持っている方向けのページとなります。

ベッドに入る1時間くらい前に飲むんだけど、ホットミルクみたいな感じで飲めて意外に効くのと何気に肌通夜が良くなったんですよね。

最低で8500円買わないと送料がかかるので、ついでにBCAAとかマルチビタミンも買ったりしています。

どれくらいで届くかというのも気になるところですが、この間の新型コロナの大騒ぎの時でも10日で届いたので、平常時なら1週間くらいあれば届くんじゃないでしょうか?(多分オランダからの発送になるはず)

意外なほど「薬に頼りたくない」って言って服薬を辞めちゃう人も多いみたいですし、実際の体調と薬のバランスがとれていなくて廃人手前みたいなケースもあるので、睡眠を安定化させられるものを探しているならお試しください。

私の主観的な意見ですが、ソイプロテインとかは不味いので辞めといたほうがいいですよ。

暇つぶしになったら幸いです。

いつも応援ありがとうございます。 すごく励みになっています。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

自宅の電気をJCOMでんきから楽天でんきに変えてみましたが、ざっくり計算で1割近く下がっています。 楽天モバイルなどを使っているなら選択肢としておすすめ。