エアロバイクとダイエット

家庭用エアロバイクはペダルが壊れるケースが多いみたいなので、購入してある程度時間がたって異音がしだしたらスペアの部品を手配しておいたほうがいいんじゃないか?という話です。

エアロバイクが壊れた

外出禁止要請が出ているのが理由ではなく、単純に足が痛いから散歩がつらいという理由でエアロバイクを漕いでいました。

なんで足が痛いかというと、足底筋膜炎という簡単に言うとかかとがすっごく痛くなる炎症を1か月ほど前から患っていることが原因です。
ネットで見ても治癒に半年くらいかかることもあるらしく、痛み止めの経口薬と痛み止めテープを処方してもらっているお医者さん曰く、大体3か月くらいは痛いと思うから安静にしておきなさいということで、散歩に行くのもはばかられる状態でした。

そんなこんなでかかとに負荷をかけないエアロバイクの登場だったのですが、うちにあるエアロバイクは7年前に買った年代物。

買ってから毎日漕いでいたわけではなくて、思い出したときに少し漕いだりするお気楽な状況下だったためここまでもったのかもしれませんが、ペダルのベアリングが壊れてペダルが外れまくって、それでもむりやり使っていたら完全にベアリングが動かなくなってダメになってしまいました。

結果、フローリングにも傷が入りまくり。

ペダルはペダル本体に取付用ねじがめり込んだ状態にまで劣化。

新しいのを買おうかとも思ったのですが、ペダルだけなら消耗品を購入すればよかろうということでいつも通りアマゾンで検索しまして修理しました。

買ったのはこちらのタイプでしたが、メーカーや製品によって取付ねじの径が違うことがありますので要注意です、

ペダルの古いやつと新しいやつ

大きさとかは若干違いますが、ペダルは漕げれば問題ないので気にしません。気になる方はメーカーに問い合わせて純正品を手配したほうがいいかも。

ペダルの取付ねじの径は大体1/2インチ(12.7mm)と9/16(14.2mm)インチに分かれるのだそうです。私の使っていたのは1/2インチタイプでしたので、発注前に必ず確認しましょう。
ダイソーでこういうのが売っていたと思うので、普通の定規よりこういうノギスを使ったほうが確実です。

次にエアロバイクを買うとしたら

アルインコ製のエアロバイクは型式の下二けたがモデル初号機の生産開始年を示しているそうでして、私の使っているAF6200は2000年に初号機が世に送り出されているタイプになるわけです。

アルインコ製はあくまでも家庭用のため、使用する際は30分を連続使用限界として上限があり、それから再使用までは1時間程度のインターバルを推奨しているそうです。(別に30分を超過してもすぐに壊れるわけではない)

推奨される使用法を守ったとしても、間違いなく消耗品の類はいつか損傷するわけですから、購入してからの使用頻度も勘案しつつスペア部品を発注しておいたほうがいいと思うのです。

というのも、今回のペダルは3000円くらいで購入したのですが、AliExpressなどで購入すれば送料込みで1500円くらいで購入できるから。
安い代わりに時間がかかるんですよね。

消耗品として購入しておけば安心なので準備しておくに越したことはないと思います。

私の場合は、ベルトがちぎれたら新しいやつを買おうと思っています。

アマゾンで見てたらスポーツクラブであるタイプの本を読みながら漕げるやつが新製品で出ていました。

値段はそこそこするけど、やっぱこういう体勢で漕ぐほうがダイエット向きのように思うんですよね。

暇つぶしになったら幸いです。

いつも応援ありがとうございます。 すごく励みになっています。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

自宅の電気をJCOMでんきから楽天でんきに変えてみましたが、ざっくり計算で1割近く下がっています。 楽天モバイルなどを使っているなら選択肢としておすすめ。